シーズンごとの宿泊費の相場

ピークシーズンは夏場

日本で最も観光客が訪れる都市の一つが沖縄です。古くからリゾート地として人気の高いエリアでしたが、格安航空会社の就航でより一層、利便性、価格優位性が増し、更に多くの観光客を呼び込む様になりました。その様な人気の観光地である沖縄ですが、繁忙期と比較的、空いている時期それぞれあるので、押さえておくと、宿泊費などをお得に旅行を楽しむ事が出来る様になります。まず、ピークシーズンから見ていきましょう。沖縄旅行のピークシーズンは夏場の時期です。沖縄で梅雨があける7月の上旬くらいから徐々に渡航者数が増え出し、8月のお盆前後にピークを迎えます。それに合わせて宿泊費の相場も上がり、1人あたりスタンダードなホテルの宿泊費で1万円代後半から2万円以上掛かって来ます。

閑散期とそれ以外の相場とは

一方の比較的、空いている閑散期はどの様な状況か見ていきましょう。比較的、空いている閑散期と言われるのが、11月から1月にかけてです。年末年始は年越しを沖縄で過ごしたいと考える日で若干の増加は見られますが、平均的にみると、ピークシーズンの3分の2程度の観光客となります。それに比例する形で、ホテルの宿泊費も安くなっており、ピークシーズンの半額程度あるいはそれ以下で利用が出来るケースも珍しくありません。閑散期であれば、1万円を切るホテルも多くリーズナブルに滞在をする事が可能となっており、とにかく安く済ませたいと言う方にとっては狙い目と言えるでしょう。なお、ピークシーズン、閑散期に該当しない春、秋はちょうど中間の1万円前後が相場となっています。この様に沖縄旅行にはピークシーズンと閑散期があるので、時期にこだわりが無い方は閑散期を狙って旅を楽しむのもおすすめです。

© Copyright Discover Okinawa. All Rights Reserved.